ソーシャルレンディングのいろは

ソーシャルレンディングはお金を借りたいという人に対して、ネット上で融資を行う金融商品となっていて比較的安全性が高く、利回りが良いという大きなメリットがあります。株などと違って価値が変動する金融商品ではないので、融資先が潰れたりしない限りは元金に加えて金利が戻ってきて利益を得ることができます。この際の金利というのは非常に高いのが魅力であり、5%以上になるものも数多くあるので多少リスクをとっても利回りのいいものに投資をしたいという時には効果的な方法となります。ただし、ソーシャルレンディングには特有のリスクというのもありますから単純な利回りに惑わされるのではなく、どのようなリスクがあるのかということをよく理解した上で投資を行うことが重要となります。

低めのリスクで高利回りが大きな魅力

ソーシャルレンディングというのはネット上でお金を借りたいという人と、お金を貸したいという人を結びつけるサービスであり高利回りを期待することができます。なぜ高利回りを期待することができるのかというと、お金を借りたという人に直接お金を貸し付けることができるためです。このような業務を行っているのは銀行ですが、それに近い形の投資を行うことができるのがソーシャルレンディングとなるのです。直接お金を貸して欲しいという人に貸すわけですから、金利に関しても銀行預金など比にならないほどの数字となり高い利回りを得ることができるのです。ただし、当然のことですが融資をした先が潰れてしまったりした場合には元本の保証はなく、貸した金額全て失ってしまうということもありえます。

融資先がわからないのが大きな欠点

ソーシャルレンディングは比較的安全性が高く、それでいながら好利回りを期待できるのですが大きな欠点として融資先がわからないというものがあります。お金を貸すのがソーシャルレンディングなのに、相手が分からないで融資をするなど危険過ぎると思うかもしれませんが、貸す相手がわかった状態で融資をするのは現状では貸金業法に引っかかってしまう可能性があるので、形としては仲介する業者に投資をするという形になっているのです。実際は融資を行っているのですが、形式上は投資という形になります。そのため、業者選びというのが重要なポイントとなり融資先の状況を厳しくチェックしていて、安心して融資をすることができる環境を整えてくれている業者を選ぶことが何より重要なポイントとなります。

いつでもどこでもネットでらくらく運用管理ができます。 期間や利率でお悩みの方はみんなのクレジットにご相談ください。 クラウドファンディングにご興味のある方はぜひみんなのクレジットへ。 みんなのクレジットでは、法人向け不動産などの事業資金を融資したい方に合わせた案件をご提案させていただきます。 ソーシャルトレーディングの仕組みからご説明いたします。 ソーシャルレンディングなら「みんなのクレジット」